一般財団法人 ネットショップ能力認定機構(所在地:東京都港区、代表理事:米倉 誠一郎、以下 当機構)は、農業・生産者向けに「農業EC カフェ」を開催いたします。
<プレスリリース全文>

「農業EC カフェ」は、農業・生産など第一次産業の次のステージとして、リアル店舗と中卸だけの流通から、E コマースでの”個人のお客様の獲得“を目標に、新しい仕組みづくりに取り組むコミュニティです。初回は、九州全土から農業に携わる方々にご参加いただき、商品の受発注に必要なクラウドシステムの基礎を学びました。

現在の農業は、「おいしい食材・すばらしい商品ができたら完成」ではありません。おいしさと感動、生産地域の価値などを、web やIT を駆使し、様々な視点で情報発信しながら、広く伝えることが求められています。そのためには、第一次産業に携わる人々とマーケティングやブランディングなどの専門家が連携し、食材に、商品としての新しい付加価値を付ける仕組みづくりが重要です。

今回、この仕組みづくりを行う上で重要となる「デザインブランディング」をテーマに、株式会社ファームステッド(所在地:北海道、代表取締役:長岡 淳一)をゲストに迎え、「農業をデザインで変える~第一次産業とデザインブランディングの重要性とは~」をテーマに、食材の商品としての「価値」を、いかに「伝える」か、その考え方と方法論を、お伝えします。

お申込み・詳細はこちら

農業ECカフェ1027